HUGE Volume Discounts + FREE SHIPPING!

Pindaloo物語- どのように始まったのでしょうか?

pindalooの素晴しい考えは誰により生み出されたものですか?
Pindaloo™ はAmir ZobelとMatan Shamir、2人あわせてZoShに よって作られ、2人ともBezalel Arts and Designアカデミーの産業デザイナー、卒業生、マスターでありKeter Plasticの "d-Vision"インターンシッププログラムを卒業しました。
プラスチック産業と消費製品に深い知識と知識を持つ経験豊かなデザイナーです。
起業家精神とおもちゃに対する情熱を共有し、デザイナーとして世界に本当の価値をもたらす製品を生み出すことをモットーとしています。

Pindaloo story

どのように始まったのですか?
Pindalooは2012年3月最終学期の修士課程で生まれました。スマートフォンやデジタルスクリーンから子供を遠ざけることを目的とし、物理的な世界で楽しんでほしいと考えていました。
研究の1つは子どもたちからのフィードバックを受けて開発プロセスの出発点となる興味深い基本的な遊びの仕組みを特定することでした。
これらのメカニズムを見つけるために無駄なものを集め、机の上に積み重ねて何かエキサイティングなものが生まれないかと考えました。
彼らが作り出した組み合わせの1つは2つのプラスチックボトルの半分、1つの電線管と内部に投げる小さな大理石を使ったものでした。

それをしばらくプレイした後に彼らは正しい操作方法で大理石を導管の一端から突き出し、ボトルの半分を使って別の端に引っ掛けることができることに気づきました。

Pindaloo start

そのエキサイティングな瞬間彼らはアルキメデスのように「私たちが探していたものを見つけた」と感じましたが、将来どこでその発見が導かれるかはわかりませんでした。

いくつかのメカニズムを収集しさまざまなプロトタイプを生成した後、彼らはそのアイデアを子供に紹介し、遊びを観察し意見を求めました。

ここでは8歳のZivの最初の試作品を初めてキャッチした時の短いクリップをご覧になれます。-

Zivはこのプロトタイプに熱狂して興奮していました。彼女はそれを家に持って帰ることをお願いし、1日中遊んでいられるといいました!!それが成功の証でもありました。
しかし大学とデザイン研究を終えて別の方向に進んだ後、プロトタイプに戻りマーケティングのための適切なパートナーを見つけ、量産するため実際の製品開発プロセスを開始するまでにさらに2年が必要でした。
そのプロセスに加え、ほとんどすべてが変更されましたが、いらないものを集めて作った大理石のループの行動原則のみが残ることになりました。
夢中に
Pindalooをお楽しみください :)

Pindalooに参加ここから購入